大分県後期高齢者の健康づくりに関する包括連携協定を締結しました

大分県後期高齢者医療広域連合は、令和5年2月21日(火)に大分県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長の西田 陽一様ご出席のもと、「大分県後期高齢者の健康づくりに関する包括連携協定」を締結しました。

協定写真
(包括連携協定締結式の様子)

 包括連携協定では、広域連合の主に75歳以上の被保険者に対して実施している健康診査や、76歳、78歳及び81歳に実施している歯科口腔健診を受診後、組合に加入している協力旅館・ホテル等で受診結果を提示すると、特典が受けられる「ご長寿けんしん割」を令和5年度から実施します。「ご長寿けんしん割」の詳細については、令和5年度以降の各健診の受診券等にてご確認いただくか、当連合ホームページ又は電話にてお問合せ下さい。

健診受診者へのインセンティブの提供(ご長寿けんしん割)イメージ図

ご長寿けんしん割